国内外ニュース

配偶者控除の見直し検討へ 17年度改正で自民税調会長

 インタビューに応じる自民党の宮沢洋一税制調査会長  インタビューに応じる自民党の宮沢洋一税制調査会長
 自民党の宮沢洋一税制調査会長は30日、共同通信などのインタビューに応じ、専業主婦世帯などの所得税額を軽くする配偶者控除の見直しを2017年度税制改正で検討すると表明した。「意欲のある女性に働いていただく政策を考えなければならない」と述べた。継続課題になっていたビール類にかかる酒税の一本化も、今回の改正で実施することに意欲を示した。

 宮沢氏は「所得税の久しぶりの大改正を考えている。配偶者控除の見直しが一つの柱だ」と強調した。

 控除見直しは、配偶者の年収を問わず世帯主の収入か税額から一定額を差し引く「夫婦控除」に転換する案が軸。

(8月30日20時26分)

経済(8月30日)