国内外ニュース

錦織、2年ぶり2回戦へ 奈良は4年連続初戦突破

 男子シングルス1回戦で、ドイツのベンヤミン・ベッカーと対戦する錦織圭=ニューヨーク(共同)  男子シングルス1回戦で、ドイツのベンヤミン・ベッカーと対戦する錦織圭=ニューヨーク(共同)  女子シングルス1回戦で、スイスのシュテファニー・フェーゲレを破った奈良くるみ=ニューヨーク(共同)  女子シングルス1回戦で、スイスのシュテファニー・フェーゲレを破った奈良くるみ=ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第2日は30日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターでシングルス1回戦が行われ、男子は第6シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング96位のベンヤミン・ベッカー(ドイツ)に6―1、6―1、3―6、6―3で勝ち、2年ぶりに2回戦へ進んだ。次は世界95位のカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。

 第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)も順当に勝ち上がった。

 女子は世界80位の奈良くるみ(安藤証券)が同100位のシュテファニー・フェーゲレ(スイス)を6―0、7―5で破り、4年連続で初戦突破。

(8月31日7時40分)

スポーツ(8月31日)