国内外ニュース

来月上旬、日米首脳会談へ 対北朝鮮で連携確認

 安倍晋三首相は9月上旬にラオスで開かれる国際会議に合わせ、オバマ米大統領と会談する方向で調整に入った。日本政府関係者が30日明らかにした。北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射に連携して対応することを確認。強固な日米同盟をアピールしたい考えだ。

 首相は会談で、中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入や南シナ海での中国の主権主張を否定した仲裁裁判所判断を踏まえ、日米が結束を示すことで中国をけん制する狙いだ。

 日本側は、来年1月のオバマ氏の任期切れをにらみ、環太平洋連携協定(TPP)の早期発効に向けて双方が努力することを確認したい意向だ。

(8月31日2時15分)

政治(8月31日)