国内外ニュース

ロシア国営電力に出資へ 国際協力銀と三井物産

 国際協力銀行(JBIC)と三井物産が、ロシア国営電力大手ルスギドロへの出資を検討していることが、31日分かった。安倍政権によるロシアへの包括的な経済協力の一環で、安倍晋三首相がロシア極東ウラジオストクで9月2日に予定されているプーチン大統領との会談の際に示すとみられる。複数の関係者が明らかにした。

 三井物産などはルスギドロの発行済み株式の5%程度を取得する方向で調整している。出資が実現すれば、ロシアの電力産業に対し日本企業が設備などの取引をしやすくなると期待される。ロシア極東の経済特区運営を支援し、天然ガス開発に日本企業の参画を促す狙いのようだ。

(8月31日11時15分)

経済(8月31日)