国内外ニュース

防衛省、新型潜水艦を建造へ 概算要求5兆円超

 防衛省は31日、2017年度予算の概算要求について、米軍再編関連経費を含め過去最大の5兆1685億円(16年度当初予算比2・3%増)とすることを決定した。水中音波探知機(ソナー)の性能や静粛性を高めた新型潜水艦の建造費760億円を盛り込み、日本周辺海域で警戒監視の能力向上を目指す。

 陸上自衛隊が導入する新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画に関する経費計上は見送った。

 軍事技術への応用可能な基礎研究に防衛省が研究費を支給する公募制度は16年度の6億円から110億円へと大幅増。5年間で10億円程度の大規模研究にも対応する。

(8月31日12時20分)

政治(8月31日)