国内外ニュース

濁流で11時間救助活動できず 岩手の高齢者ホーム

 大雨で冠水した北海道南富良野町内で警戒にあたる警察官=31日午後  大雨で冠水した北海道南富良野町内で警戒にあたる警察官=31日午後  台風10号の大雨の影響で小本川が氾濫し、9人の遺体が確認された岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(中央)。周囲は流木や泥で覆われていた=31日午後2時43分(共同通信社ヘリから)  台風10号の大雨の影響で小本川が氾濫し、9人の遺体が確認された岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(中央)。周囲は流木や泥で覆われていた=31日午後2時43分(共同通信社ヘリから)  台風10号の大雨の影響で川が氾濫し被害を受けた高齢者施設で、入所者らをヘリコプターで救出活動する自衛隊員=31日午後0時18分、岩手県岩泉町  台風10号の大雨の影響で川が氾濫し被害を受けた高齢者施設で、入所者らをヘリコプターで救出活動する自衛隊員=31日午後0時18分、岩手県岩泉町
 台風10号の被害で9人が死亡した岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」には、30日午後6時ごろ、胸の高さまで濁流が押し寄せていたのに、31日朝まで約11時間、救助活動できなかったことが分かった。ホームを運営する社団医療法人の佐藤弘明常務理事が31日証言した。岩手県内ではほかに2人が死亡。さらに岩泉町で2人が行方不明になった。北海道でも3人が不明となっており、警察などが捜索を続けた。

 岩泉町は雨が激しくなった30日夕、ホームのある地域に避難指示や勧告を出していなかった。伊達勝身町長は取材に「残念ながら油断していた。申し訳ない」と話した。

(8月31日19時45分)

社会(8月31日)