国内外ニュース

公共料金スマホ画面提示で支払い コンビニで、用紙不要に

 公共料金の支払いで使うバーコードを表示したスマートフォンの画面  公共料金の支払いで使うバーコードを表示したスマートフォンの画面
 NECと三井住友銀行は31日、コンビニエンスストアでスマートフォンの画面を提示することで、公共料金や通販の代金の支払いができるサービスを来年2月にも始めると発表した。振込用紙を持ち歩く必要がなくなり、料金の支払いが手軽になりそうだ。

 ITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の一環。コンビニで代金を支払いたいという需要はクレジットカードを持たない人などに根強くあり、2020年に市場全体の2割に当たる年間2兆円の取扱高を目指す。

 サービスはスマホに専用アプリを取り込んで使う。コンビニで提示して、現金でお金を支払う。

(8月31日19時25分)

経済(8月31日)