国内外ニュース

白石美帆が旅番組PR 「バナナの皮は世界共通」

 旅先で撮影した写真を手に番組をPRする白石美帆=東京都内  旅先で撮影した写真を手に番組をPRする白石美帆=東京都内
 CS放送「旅チャンネル」で放送中の「大人のヨーロッパ街歩き」で、女優の白石美帆が8代目のナビゲーターに就任した。欧州7カ国、13の街を巡り、「世界は広いことを実感し、これからの人生を豊かにしてくれる旅になった」と語る。

 スウェーデンで3番目に人口が多いマルメでは、午後に仕事の手を止めて、職場の仲間たちが甘い物やコーヒーを楽しむ「フィーカ」と呼ばれる習慣を体験した。「社員だけでなく社長も一緒に集まって、アイデアを共有できる。日本にもフィーカがあったらいいのに」とうらやんだ。

 現在38歳の白石はプライベートでも旅行好き。30歳の記念にアルゼンチンに一人旅をし、氷河のトレッキングツアーでベネズエラ人の夫婦と意気投合したという。

 「足元にバナナの皮を置かれたので、滑るまねをしてみせたら、みんなが盛り上がったんです」と振り返りつつ、「バナナの皮は世界共通なんだなと実感しました。言葉はいらないですね」とほほ笑んだ。

(8月31日20時30分)

文化・芸能(8月31日)