国内外ニュース

東電社員に炉心溶融アンケートへ 合同検証委

 東京電力が福島第1原発事故当初「炉心溶融」を隠蔽していた問題について話し合う合同検証委員会の初会合=31日午後、新潟市  東京電力が福島第1原発事故当初「炉心溶融」を隠蔽していた問題について話し合う合同検証委員会の初会合=31日午後、新潟市
 東京電力福島第1原発事故当初、当時の清水正孝社長が「炉心溶融という言葉を使うな」と社内に指示していた問題で、柏崎刈羽原発を抱える新潟県と東電の合同検証委員会の初会合が31日開かれ、東電社員にこの問題に関するアンケートを実施することを決めた。

 合同検証委は新潟県側3人、東電側2人の計5人で構成。隠蔽の背景や約5年間炉心溶融の判断基準を記したマニュアルを見過ごしていた原因などについて東電社員にアンケートを行い、当時事故対応に当たった関係者に聞き取りをすることを確認した。アンケートの人数や項目、聞き取りの対象者は今後詰める。

(8月31日20時50分)

科学・環境(8月31日)