国内外ニュース

民進代表選第三の候補出馬へ調整 9月2日告示

 民進党代表選へ立候補を目指す玉木雄一郎国対副委員長と原口一博元総務相は31日、国会内で会談し、蓮舫代表代行、前原誠司元外相に続く「第三の候補」が必要だとして一本化調整に入った。蓮舫、前原両氏の一騎打ちでは「党内に深刻な亀裂が入る」(ベテラン)との懸念があることを踏まえた。党内最大規模の旧維新の党グループは会合を開き、第三の候補にも推薦人を出すことを容認。9月2日告示の代表選が三つどもえの戦いになる可能性が出てきた。

 玉木、原口両氏の会談は、それぞれ自身に一本化するよう主張し、平行線に終わった。1日に再会談する。

(8月31日22時00分)

政治(8月31日)