国内外ニュース

U―18野球、日本が台湾下す アジア選手権、1位で2次Lへ

 台湾戦に先発した今井=台中(共同)  台湾戦に先発した今井=台中(共同)
 【台中共同】野球のU―18(18歳以下)アジア選手権第2日は31日、台湾の台中市で1次リーグが行われ、A組の日本は台湾を3―0で下して開幕から2連勝とし、1位で2次リーグ進出を決めた。

 今夏の甲子園大会優勝の原動力となった先発の今井(栃木・作新学院)と2番手の堀(広島新庄)が無失点で継投した。打線は四回に内野ゴロと林中(福井・敦賀気比)の適時打で2点を先取。六回は暴投で3点目を奪った。

(8月31日23時10分)

高校野球(8月31日)