国内外ニュース

英で移民襲撃、憎悪犯罪か 差別に非難の声高まる

 【ロンドン共同】英南部ハーローで8月下旬にポーランド人男性(40)が路上で暴行され死亡した事件が発生し、憎悪犯罪(ヘイトクライム)を視野に捜査する警察は31日までに15~16歳の少年6人を拘束した。事件を受けて地元選出の下院議員が「差別をなくすために立ち上がろう」と呼び掛けるなど、英国で憎悪犯罪に対する非難の声が高まっている。

 英メディアによると、男性は2012年にポーランドから英国に移住。27日夜に複数の若者から暴行を受けて頭部を負傷し、搬送先の病院で29日に死亡した。男性がポーランド語で友人と話していたところを襲撃されたとの情報もある。

(9月1日5時35分)

国際(9月1日)