国内外ニュース

ロッテ創業者長男が出頭、韓国 ソウル中央地検、捜査本格化

 ソウル中央地検に出頭した重光武雄氏の長男、宏之氏=1日(共同)  ソウル中央地検に出頭した重光武雄氏の長男、宏之氏=1日(共同)
 【ソウル共同】ロッテグループの裏金捻出や会社資金横領などの疑惑を巡り、創業者の重光武雄(韓国名・辛格浩)氏(93)の長男、宏之(同・辛東主)氏(62)が1日、ソウル中央地検の取り調べを受けるため、同地検に出頭した。一連の疑惑を巡る創業者一家への捜査が本格化する。

 聯合ニュースによると、宏之氏はグループ会社理事だった間に業務実体がほとんどないのに巨額の報酬を受け取ったとして、特定経済犯罪加重処罰法上の横領などの疑いが持たれている。

 ロッテグループでは昨年、武雄氏の次男で会長の昭夫(同・辛東彬)氏(61)と、宏之氏の間で経営権争いが勃発。

(9月1日10時20分)

国際(9月1日)