国内外ニュース

山口組分裂後に摘発増、上半期 構成員1050人

 全国の警察が今年上半期(1~6月)に摘発した指定暴力団の山口組と神戸山口組の構成員は1050人で、昨年同期の分裂前の山口組と比べ85人増えたことが1日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。

 2007年には年間4千人に上ったが、昨年は2041人(上半期965人)まで減少していた。摘発人数が増えた理由について、警察庁の担当者は「昨年8月末の分裂以降、取り締まりを強化した結果」としている。

 1050人の内訳は山口組668人、神戸山口組382人。直系組長に限ると山口組10人、神戸山口組はいなかった。

(9月1日10時30分)

社会(9月1日)