国内外ニュース

自転車の死者減り517人 安全講習制度開始1年

 警察庁は1日、悪質な自転車運転者に安全講習を義務付ける制度が昨年6月に始まってから今年5月末までの1年間、自転車乗車中の死者が前年同期より89人(14・7%)少ない517人だったと発表した。自転車関連の事故は1万4032件(13・1%)減少し、9万3484件だった。

 新制度の開始後と過去の事故の推移を調べるため、2011年以降の同じ期間(6月~翌年5月)の事故数を集計したところ、死者、事故とも一番少なかった。

 担当者は「新たな制度による事故抑止効果が一定程度あったのではないか」と分析している。

(9月1日10時36分)

社会(9月1日)