国内外ニュース

三菱航空機、米拠点の開所式中止 MRJ到着間に合わず

 8月28日、愛知県の名古屋空港に引き返したMRJ  8月28日、愛知県の名古屋空港に引き返したMRJ
 国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)は1日、米ワシントン州の空港で9日(現地時間)に予定していた拠点施設の開所式を中止すると決めた。式典までに機体の到着が間に合わないため。1日付で関係者に通知した。

 拠点施設は「モーゼスレイク・フライトテスト・センター」。三菱航空機はMRJの飛行試験の大半を米国で行う方針で、9日に開所式を開き、ワシントン州知事や空港関係者らに機体をお披露目する考えだった。

 MRJは8月27、28日、米国に向け愛知県にある空港を離陸したが、機器の不具合で2日続けて引き返した。

(9月1日12時26分)

経済(9月1日)