国内外ニュース

もんじゅで保安検査開始 原子力規制委

 原子力規制委員会は1日、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)で、3カ月ごとに実施する保安検査を始めた。14日までの予定。今回の検査では、放射性固体廃棄物の管理状況などを確認する。

 機構は先月、事実上の運転禁止命令が出ているもんじゅの命令解除に向けた報告書を規制委に提出。もんじゅの青砥紀身所長は検査開始に伴う会議で「課題に突き当たっている状況は今も続いているが、適切に処理して解消したい」とあいさつした。

 もんじゅを巡っては昨年11月、規制委が運営主体の変更を文部科学相に勧告した。

(9月1日12時36分)

科学・環境(9月1日)