国内外ニュース

島尻前沖縄北方担当相を不起訴 那覇地検、政治資金不記載

 7月の参院選で落選した島尻安伊子前沖縄北方担当相が代表を務める自民党支部が、島尻氏からの借入金の一部を政治資金収支報告書に記載しなかった問題で、那覇地検は1日までに、政治資金規正法違反(不記載)の疑いで告発された島尻氏と当時の会計責任者を嫌疑不十分で不起訴とした。処分は5月26日付。

 告発した市民団体「政治資金オンブズマン」などの代理人弁護士が明らかにした。告発状では、自民党沖縄県参議院選挙区第2支部の2011~13年の収支報告書に計1050万円の不記載があるとしていた。問題が発覚した当時、島尻氏は「単純なミスで、記載を訂正した」と説明していた。

(9月1日16時56分)

社会(9月1日)