国内外ニュース

8月の百貨店、4社とも前年割れ 台風で客足鈍る

 大手百貨店4社が1日発表した8月の既存店売上高(速報)は、全社が前年同月と比べて減少した。台風で客足が鈍ったことに加えて、衣料品の不振が響いた。

 三越伊勢丹ホールディングスは8・6%減。衣料品は夏物、秋物ともに不調で「8月は非常に厳しい商売だった」(広報)。訪日外国人客向けの売り上げは3割減。

 大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは7・4%減。厳しい残暑のため、8月下旬に投入した婦人向けの秋物が売れなかった。

 高島屋は4・4%減。特に紳士服が16・2%減と大きく落ち込んだ。

 そごう・西武は4・3%減。衣料品が競合他社と同様に前年を下回った。

(9月1日17時55分)

経済(9月1日)