国内外ニュース

岐阜県、無届け登山に罰金5万円 北ア、御嶽山

 岐阜県は1日、北アルプスや焼岳、御嶽山に入る登山者が登山届を提出しなかった場合、5万円以下の罰金を科す改正県山岳遭難防止条例の罰則規定を12月1日から施行すると発表した。他県から入山しても岐阜県内の指定山域に立ち入る場合は届け出が必要となる。

 北アルプスの西穂高岳や滝谷など危険度の高いエリアでは通年、その他の山域では12~4月に無届けで登山をすると罰則の対象となる。

 御嶽山や焼岳では火口から半径1キロ以内に立ち入る際には届け出をしなければならない。

 岐阜県などによると、群馬県や富山県でも同様の規定がある条例を施行済み。

(9月1日19時01分)

社会(9月1日)