国内外ニュース

G20、保護主義退け成長主導 杭州首脳会合で確認へ

 中国・杭州で4~5日開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合の主要議題が1日、固まった。世界的に高まる保護主義を退け、自由貿易を通じて世界経済の成長を主導するG20の姿勢を確認する。日本は安倍首相と麻生財務相が出席し、日本の成長戦略をアピールする。

 英国の6月の国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利し、米大統領選では共和党候補のトランプ氏が高関税による国内産業保護を訴えて世論の支持を集めるなど、各国で自由貿易への風当たりが強まっている。

 各国首脳らは、多角的貿易体制を支持するとともに、自由貿易協定を推進することで成長力の引き上げを目指す方針を確認する。

(9月1日19時50分)

経済(9月1日)