国内外ニュース

日サウジ閣僚会議を新設 首相と副皇太子一致

 安倍晋三首相は1日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子と官邸で会談し、石油輸出に依存する経済からの脱却を目指すサウジの構造改革を支援するため、両国の閣僚級による会議を新設することで一致した。10月に初会合を開く。副皇太子はサルマン国王の息子で、国家経済評議会議長と国防相を兼務。軍事、経済両面で権限を持つ。

 閣僚級会議の初会合は、サウジの首都リヤドで開催する予定。サウジの改革を巡る日本の支援の具体策や、日本企業の進出促進に関し協議する見通しだ。

 双方は、過激派組織「イスラム国」の動向などを踏まえ、中東情勢の安定化へ向けた連携も申し合わせた。

(9月1日20時31分)

政治(9月1日)