国内外ニュース

試験中のロケットが爆発 米スペースX、けが人なし

 1日、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地の打ち上げ場で立ち上る煙(AP=共同)  1日、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地の打ち上げ場で立ち上る煙(AP=共同)
 【ワシントン共同】米南部フロリダ州のケープカナベラル空軍基地で1日午前9時(日本時間同日午後10時)すぎ、衛星打ち上げ前の試験をしていた米宇宙企業スペースXの無人ロケット「ファルコン9」が爆発した。スペースXによると爆発によるけが人は出ていない。

 爆発は複数回起き、打ち上げ場から離れた建物にも衝撃が伝わり、黒い煙が立ち上った。

 ファルコン9は日本人宇宙飛行士の大西卓哉さんが滞在している国際宇宙ステーションへの物資輸送にも使われている。爆発の原因は不明だが、今後の運用に影響が出る可能性もある。

(9月2日0時46分)

科学・環境(9月2日)