国内外ニュース

判定でAFCに抗議文提出 日本サッカー協会

 日本―UAE 後半、シュートを放つ浅野(中央)。ゴールラインを割ったように見えたが、ノーゴールの判定=埼玉スタジアム  日本―UAE 後半、シュートを放つ浅野(中央)。ゴールラインを割ったように見えたが、ノーゴールの判定=埼玉スタジアム
 日本サッカー協会は1日、埼玉スタジアムで行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦の判定について、アジア・サッカー連盟(AFC)に抗議文を提出したと発表した。1―2の後半にゴールラインを割ったように見えた浅野拓磨(シュツットガルト)のシュートが得点と認められなかった件を不服としている。日本の主張が認められても試合結果は覆らない。

 日本協会の田嶋幸三会長は、カタール人主審が笛を吹いたこの試合について「(勝ち越し点となった)PKも含め、おかしな判定が多かった。しっかり抗議することで判定が向上する」と話した。

(9月1日23時41分)

サッカー(9月1日)