国内外ニュース

IH男子、ラトビアが初戦白星 冬季五輪最終予選

 【リガ共同】アイスホッケー男子の2018年平昌冬季五輪最終予選は1日、リガで日本の入るE組が行われ、ラトビアがオーストリアを8―1で下し白星発進した。ドイツとの初戦を0―5で落とした日本は2日(日本時間3日未明)のラトビア戦に敗れると五輪出場の可能性が消滅する。

 五輪は既に世界ランキング上位と開催国の韓国の計9チームが出場権を確保し、残りは3枠。最終予選は日本など12チームが3組に分かれて1回戦総当たりで争い、各組1位が通過する。

(9月2日9時55分)

国際大会(9月2日)