国内外ニュース

米、蚊からジカウイルス初検出 南部フロリダで捕獲

 【ワシントン共同】米南部フロリダ州農務省は1日、マイアミビーチで捕獲した蚊の試料から、ジカ熱ウイルスを検出したと発表した。昨年にジカ熱の流行が始まって以来、米国内の蚊からウイルスが検出されたのは初めて。同州内で地域感染が起きていることを改めて裏付けた。

 フロリダ州は今年5月から蚊4万匹分に相当する試料2470個を調査、1日までに3個の試料でウイルスを検出したとしている。

 州内ではマイアミ周辺で7月、国内の蚊によって感染したとみられる初の患者が確認された。8月には感染は約6・5キロ離れたマイアミビーチへと飛び火した。

(9月2日10時05分)

医療・健康(9月2日)