国内外ニュース

首相、ロシア大統領と今夕会談 ウラジオストクへ出発

 ロシア極東ウラジオストクへの出発を前に手を振る安倍首相。右はロシア経済分野協力相を兼務する世耕経産相=2日午後、羽田空港  ロシア極東ウラジオストクへの出発を前に手を振る安倍首相。右はロシア経済分野協力相を兼務する世耕経産相=2日午後、羽田空港
 安倍晋三首相は2日午後、ロシアのプーチン大統領と会談するため、ロシア極東ウラジオストクに向けて政府専用機で羽田空港を出発した。今夕の会談では、北方領土問題のヤマ場とされる12月のプーチン氏来日について詰めの調整を行う。極東開発を含めた8項目の包括的経済協力の具体化に全力で取り組む方針を伝えるとみられる。

 首相は官邸で記者団に「プーチン氏と胸襟を開き、平和条約、北方領土問題を前進させたい」と強調。プーチン氏の年内来日に関し「私の地元山口県にできればお迎えして、2人でしっかりと話をしたい」と述べた。

(9月2日14時01分)

政治(9月2日)