国内外ニュース

民進代表選、憲法改正巡り温度差 政権奪還へ党再生

 民進党代表選の記者会見を終え、ポーズをとる(左から)玉木雄一郎国対副委員長、前原誠司元外相、蓮舫代表代行=2日午後、東京・永田町の党本部  民進党代表選の記者会見を終え、ポーズをとる(左から)玉木雄一郎国対副委員長、前原誠司元外相、蓮舫代表代行=2日午後、東京・永田町の党本部
 民進党代表選に立候補した蓮舫代表代行(48)、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)は2日午後、共同記者会見などで党再生へ決意を示し、国民の信頼回復に全力を挙げる考えを表明した。3氏とも次期衆院選で政権交代を目指す方針を明らかにした。憲法改正を巡っては温度差が浮上。岡田克也代表が進めた野党共闘に関し慎重な姿勢が目立った。投開票される15日の臨時党大会に向け、論戦がスタートした。

 憲法改正では、3氏がそろって自民党改憲草案に反対と主張。

 安倍政権が成立を目指す環太平洋連携協定(TPP)の関連法案には、いずれも反対する意向を示した。

(9月2日19時55分)

政治(9月2日)