国内外ニュース

映画監督の松山善三さんが死去 「名もなく貧しく美しく」など

 死去した松山善三さん  死去した松山善三さん
 「名もなく貧しく美しく」などヒューマンな作品で知られる映画監督で脚本家の松山善三(まつやま・ぜんぞう)さんが8月27日午後8時41分、老衰のため東京都港区の自宅で死去した。91歳。神戸市出身。

 1948年に松竹入社。木下恵介監督の助監督としてシナリオづくりなどを学んだ後、脚本家としてデビュー。小林正樹監督「あなた買います」「人間の條件」の他、「乱れる」「人間の証明」「恍惚の人」などの映画やテレビドラマのシナリオを数多く執筆した。

 61年に「名もなく貧しく美しく」で監督業に進出。ろう者の夫婦愛を感動的に描いて大ヒットした。

(9月2日18時35分)

文化・芸能(9月2日)