国内外ニュース

うなぎパイ駅構内の販売取りやめ 名古屋、ネットで話題に

 JR名古屋駅構内の売店で販売を取りやめた浜松市の銘菓「うなぎパイ」(春華堂提供)  JR名古屋駅構内の売店で販売を取りやめた浜松市の銘菓「うなぎパイ」(春華堂提供)
 JR名古屋駅構内の売店で、浜松市の銘菓「うなぎパイ」の販売を今年4月から取りやめていることが2日、分かった。8月末からインターネットで話題になり、製造元の春華堂(浜松市)は2日に「1日でも早く(販売を)再開できるよう努める」とのコメントを発表した。販売中止の理由は明らかにしていない。

 販売を中止したのはJR東海の子会社、東海キヨスクが名古屋駅構内で運営する23の売店。JR東海は「各店舗の販売状況や地元の土産との兼ね合いを勘案し、商品の入れ替えや販売する店舗を検討して判断した」と説明している。

(9月2日20時26分)

暮らし・話題(9月2日)