国内外ニュース

日本選手団、リオで入村式 7日開幕のパラリンピック

 リオデジャネイロに入り、パラリンピック選手村で行われた入村式に臨む日本選手団=2日(共同)  リオデジャネイロに入り、パラリンピック選手村で行われた入村式に臨む日本選手団=2日(共同)
 【リオデジャネイロ共同】南米初開催で7日に開幕するリオデジャネイロ・パラリンピックの日本選手団が2日、リオ市西部バーラ地区にある選手村で入村式に臨んだ。

 選手団で旗手を務める車いすテニス女子の上地結衣選手(エイベックス)や同男子の第一人者、国枝慎吾選手(ユニクロ)ら80人が出席した。緑の衣装をまとったダンサーの踊りで、ブラジルならではの歓迎を受けた。

 大槻洋也団長が率いる日本選手団は総勢132人で、既に大半が選手村に入っている。選手村はリオ五輪と同じ建物で約6千人の選手、役員が滞在し、大会後に高級マンションとして分譲される。

(9月2日22時26分)

国際大会(9月2日)