国内外ニュース

木星の北極に無数の渦 米探査機が初めて撮影

 探査機「ジュノー」が初めて北極上空から撮影した木星(NASA提供・共同)  探査機「ジュノー」が初めて北極上空から撮影した木星(NASA提供・共同)
 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は2日、無人探査機「ジュノー」が初めて木星を北極上空から撮影した画像を公開した。赤道方向から見える赤いしま模様とは違い、青色が広がる北極圏には嵐が起きていることを示す無数の渦がひしめき合っている。

 探査の主任研究者を務める米サウスウェスト研究所のボルトン氏は「これまで見てきた姿と全く違う。言われなければ木星だと分からないほどだ」と驚いている。赤外線による観測では、木星の南極にオーロラが現れているのを初めて撮影することにも成功した。

 ジュノーは7月に木星に到着。北極の画像は、上空約7万8千キロから撮影した。

(9月3日8時50分)

科学・環境(9月3日)