国内外ニュース

秋場所へ稀勢の里が軽快な動き 二所ノ関一門の連合稽古

 稽古で汗を流す稀勢の里=東京都江東区の尾車部屋  稽古で汗を流す稀勢の里=東京都江東区の尾車部屋
 大相撲秋場所(11日初日・両国国技館)に向けた二所ノ関一門の連合稽古が3日、東京都江東区の尾車部屋で始まり、綱とりの大関稀勢の里と、かど番の大関琴奨菊が関取衆との申し合いで軽快な動きを見せた。

 稀勢の里は小結魁聖らと14番取り13勝。得意の左おっつけからの左四つで何度も寄り切った。横綱日馬富士に全敗した2日の稽古総見とは見違える内容で「修正がいい具合にはまり、乗ってきた」と満足そうだった。見守った二所ノ関親方(元大関若嶋津)は「体は張っているし大きくなった。期待している」と話した。

(9月3日15時26分)

相撲(9月3日)