国内外ニュース

オリンパスが元社長を提訴 退職年金で不正と主張

 オリンパスが元社長の英国人マイケル・ウッドフォード氏らに対し、退職年金を多く受け取れるよう不正をしたとして、英国で現地子会社を通じ損害賠償訴訟を起こしたことが3日、分かった。

 ウッドフォード氏は、提訴はこれまでのオリンパスとの和解を侵害しているとして、オリンパスを逆に訴えた。

 ウッドフォード氏はオリンパスの巨額損失隠し疑惑を指摘し、2011年に解雇された。12年にオリンパスが1千万ポンドを支払うことで和解していた。

(9月3日18時00分)

経済(9月3日)