国内外ニュース

十両豊ノ島は秋場所全休へ 7月にアキレス腱断裂

 豊ノ島  豊ノ島
 大相撲の時津風親方(元幕内時津海)は3日、左アキレス腱皮下断裂でリハビリ中の東十両8枚目の豊ノ島(33)が秋場所(11日初日・両国国技館)を全休する見通しを示した。「今場所は多分無理。来場所は間に合うかもしれない」と話した。

 元関脇の豊ノ島は7月1日に負傷し約3カ月の安静、加療を要する見込みと診断され、名古屋場所を全休した。現在は松葉づえなしで歩き、回復は順調だという。今場所も全休すれば11月の九州場所は幕下への転落が確実だが、親方は「治りも早いし、地力もある」と復活に期待を寄せた。

(9月3日17時46分)

相撲(9月3日)