国内外ニュース

野球U―18日本が5度目の優勝 台湾に1―0、アジア選手権

 台湾との決勝戦の6回、納が先制打を放つ=台中(共同)  台湾との決勝戦の6回、納が先制打を放つ=台中(共同)
 【台中共同】野球のU―18(18歳以下)アジア選手権最終日は4日、台湾の台中で決勝が行われ、日本は台湾に1―0で競り勝ち、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。

 日本は六回2死一、三塁から納(奈良・智弁学園)が決勝の右前適時打を放った。投手陣は今夏の甲子園大会で優勝の立役者となった今井(栃木・作新学院)が5回を1安打に抑え、六回から堀(広島新庄)につないで逃げ切った。

 3位決定戦は韓国が中国を14―0で下し、日本、台湾、韓国が来年のワールドカップ(W杯=カナダ)の出場権を得た。

(9月4日23時20分)

高校野球(9月4日)