国内外ニュース

白鵬、秋場所出場厳しく 左膝など負傷、四股踏めず

 俵に乗って脚の状態を確認する白鵬=5日、東京都墨田区の宮城野部屋  俵に乗って脚の状態を確認する白鵬=5日、東京都墨田区の宮城野部屋
 左膝と右足親指の負傷のため大相撲秋場所(11日初日・両国国技館)への調整が遅れている横綱白鵬が5日、秋場所出場は難しいとの見通しを示した。東京都墨田区の宮城野部屋での朝稽古後に「中途半端はいけない。今回は厳しいね」と語った。取組編成会議前日の8日に判断する方針。

 4日に稽古を再開し、5日は約1時間、土俵の俵に乗ってゆっくりと横に移動するなどして、患部の状態を確かめた。四股やそんきょができず、歩く際には引きずることもあった。痛みや腫れが残っており「普通に歩けない。この状態で相撲を取ったら他も悪くする」と顔をしかめた。出稽古も行かない予定という。

(9月5日15時35分)

相撲(9月5日)