国内外ニュース

スペイン選手ら現金盗難 選手村の部屋、パラ初か

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ・パラリンピックに参加するスペイン選手らが5日までに、選手村の宿舎の部屋から現金計約350ユーロ(約4万円)を盗まれた。リオ五輪でも選手村での盗難が相次いだが、パラ選手が被害に遭うのは初めてとみられる。スペインのメディアが報じた。

 スペインのオリンピック委員会関係者によると、被害に遭ったのは選手3人で、容疑者らは清掃員のふりをして部屋に入り、現金を盗んだ。選手らはすぐに犯行に気付き、警備関係者に連絡。通報を受けた警察が容疑者らを見つけたが、盗んだ現金は所持しておらず逮捕には至らなかったという。

(9月6日5時11分)

国際(9月6日)