国内外ニュース

松山15位、マキロイが優勝 米男子ゴルフ最終日

 最終ラウンド、4番でティーショットを放つ松山英樹。通算8アンダーで15位=TPCボストン(共同)  最終ラウンド、4番でティーショットを放つ松山英樹。通算8アンダーで15位=TPCボストン(共同)
 【ノートン(米マサチューセッツ州)共同】米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、ドイツ銀行選手権は5日、マサチューセッツ州ノートンのTPCボストン(パー71)で最終ラウンドが行われ、20位で出た松山英樹は3バーディー、2ボギーの70で回り通算8アンダー、276で15位となった。

 ロリー・マキロイ(英国)が65をマークして6打差を逆転、通算15アンダーで今季初優勝、通算12勝目を挙げた。優勝賞金は153万ドル(約1億5760万円)。

 首位で出たポール・ケーシー(英国)は73と落として通算13アンダーの2位、ジミー・ウォーカー(米国)が12アンダーで3位に入った。

(9月6日8時16分)

ゴルフ(9月6日)