国内外ニュース

台風13号が発生 勢力強めながら東進

 台風13号が6日午前、沖縄・宮古島の北海上で発生した。東寄りに進んでおり、勢力を強めながら同日夕ごろにも沖縄本島に接近する恐れがある。7日には西日本の南海上を北東に進み、8日朝は東日本に接近する見込み。気象庁は河川の増水や高波、強風に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風13号は6日正午現在、那覇市の西約210キロを時速約15キロで北東へ進んだ。中心気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から東側280キロ以内と西側170キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっている。

(9月6日13時26分)

社会(9月6日)