国内外ニュース

全米テニスJr、綿貫が2回戦へ 米国選手に勝利

 ジュニア男子シングルス1回戦でプレーする綿貫陽介=ニューヨーク(共同)  ジュニア男子シングルス1回戦でプレーする綿貫陽介=ニューヨーク(共同)
 テニスの全米オープン・ジュニアは5日、ニューヨークで行われ、男子シングルス1回戦で第7シードの綿貫陽介(グローバルプロTA)が米国選手に勝ち、2回戦に進んだ。菊地裕太(兵庫・相生学院高)は米国選手に敗れた。

 女子シングルス1回戦で第15シードの内藤祐希(TEAM YONEZAWA)と宮本愛弓(ローズヒルTC)は共に勝ち上がった。

 女子ダブルス1回戦は村松千裕(吉田記念テニス研修センター)とノルウェー選手のペア、内藤と台湾選手のペアは勝ったが、相川真侑花(ゴメステニスアカデミー)とスイス選手のペアは敗れた。(共同)

(9月6日12時05分)

スポーツ(9月6日)