国内外ニュース

利尻島で記録的大雨 50年に1度、全域に避難勧告

 北海道・利尻島は6日、低気圧や前線の影響で5日夜以降の総雨量が120ミリを超えるなど50年に1度の記録的な大雨となった。気象庁は土砂災害や低地の浸水に厳重な警戒を呼び掛けた。

 利尻島では6日正午までに、土砂災害の恐れがあるとして、島内全域に避難勧告が出た。利尻町によると、島西部の道道で土砂崩れが起きたほか、住宅が床上・床下浸水するなどの被害が生じ、利尻空港では発着する全便が欠航した。

 気象庁によると、日本海の低気圧が6日夜にかけて宗谷海峡付近に進む見込み。この低気圧から延びた前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となっている。

(9月6日14時01分)

社会(9月6日)