国内外ニュース

台風13号が北上 8日に東日本接近の恐れ

 台風13号の予想進路(6日18時現在)  台風13号の予想進路(6日18時現在)
 台風13号が6日、沖縄・宮古島の北海上で発生し、北寄りに進んだ。勢力を強めながら北上を続け、7日は西日本の南海上を北東に進み、8日朝には暴風域を伴って東日本に接近する見込み。気象庁は高波や強風に注意を求めている。

 台風10号などの影響で甚大な被害が出た東北や北海道には、8日から9日にかけて近づく恐れがある。台風13号の接近で前線の活動も活発化するとみられ、西日本から東日本の太平洋側では8日にかけて大雨が降るとみられる。

 7日午後6時までの24時間予想雨量は、多い所で、近畿で250ミリ、奄美で200ミリ、沖縄、九州南部、四国、東海で150ミリとなっている。

(9月6日18時40分)

社会(9月6日)