国内外ニュース

首相、比へ大型巡視船2隻供与 南シナ海で対中けん制

 会談前にフィリピンのドゥテルテ大統領(左)と握手する安倍首相=6日、ラオス・ビエンチャン(共同)  会談前にフィリピンのドゥテルテ大統領(左)と握手する安倍首相=6日、ラオス・ビエンチャン(共同)
 【ビエンチャン共同】安倍晋三首相は6日午後(日本時間同)、フィリピンのドゥテルテ大統領とラオス・ビエンチャンで会談し、フィリピンの海上警備能力を強化するため、大型巡視船2隻を供与する方針を伝えた。海上自衛隊の練習機も貸与する考えも示し、パイロット教育を通じた安全保障面での協力強化にも意欲を示した。南シナ海で海洋進出を強める中国をけん制する狙いだ。

 大型巡視船は全長約90メートル。政府開発援助(ODA)の円借款によって日本で建造し、完成後にフィリピンに引き渡す段取り。約164億円を見込む。

 練習機「TC90」は5月の合意に基づくもので、最大5機を貸し与える。

(9月6日20時50分)

政治(9月6日)