国内外ニュース

熊本県が地震復興基金創設へ 住宅再建や企業融資支援

 熊本県は6日、熊本地震の復興基金を創設する条例を9月県議会に提出すると発表した。政府が本年度第2次補正予算案に計上した特別交付税510億円などを原資に、壊れた住宅の再建や修理で二重ローンを抱える被災者の支援のほか、農家や企業に対する融資の利子補助を検討している。

 復興基金は、自治体の判断で被災者支援を長期にわたって機動的に実施するのが目的。熊本県は具体的な事業は今後、決めるとしている。特別交付税のほか、「熊本地震被災地支援ドリームジャンボ宝くじ」の収益から配分された13億円も原資となる。

(9月6日18時31分)

政治(9月6日)