国内外ニュース

北海道・利尻島で記録的大雨 全島に避難勧告、稚内市では冠水

 大雨で冠水した道路=6日午後5時20分ごろ、北海道稚内市  大雨で冠水した道路=6日午後5時20分ごろ、北海道稚内市
 北海道・利尻島は低気圧や前線の影響で5日夜以降の総雨量が150ミリを超えるなど50年に1度の記録的な大雨になり、全島に避難勧告が出た。島西部では土砂崩れや住宅の床下浸水が発生。稚内市でも道路の冠水が相次ぎ、一部に避難勧告・避難指示を出した。

 道警によると、利尻町の道道で6日午前11時半ごろ、高さ約20メートル、幅約10メートルの土砂崩れが発生した。町によると、午後4時現在、住宅の床下浸水が少なくとも10件あり、床上浸水の情報もあるという。

 稚内地方気象台によると、雨の降り始めから6日午後3時までに、利尻富士町で162ミリ、稚内市で186ミリを記録した。

(9月6日18時50分)

社会(9月6日)