国内外ニュース

8日から新体操イオン杯 19歳皆川や五輪女王出場

 新体操のイオン・カップ世界クラブ選手権の記者会見でポーズをとる(右から)皆川夏穂、マルガリタ・マムンら=6日午後、東京都港区  新体操のイオン・カップ世界クラブ選手権の記者会見でポーズをとる(右から)皆川夏穂、マルガリタ・マムンら=6日午後、東京都港区
 新体操のイオン・カップ世界クラブ選手権(8~11日・東京体育館)の出場選手が6日、東京都内で記者会見し、リオデジャネイロ五輪に出場した19歳の皆川夏穂(イオン)は「シーズン最後の試合をいいもので終わりたい。4年後はあっという間に来る。今年から4年後の東京五輪をイメージして強さをつけていきたい」と抱負を語った。

 リオ五輪金メダリストで大会3連覇が懸かるマルガリタ・マムン(ロシア)は「観客に気に入ってもらえる演技ができたらいい」と話した。

 日本体操協会の山崎浩子強化本部長は15歳の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中丸亀)を注目選手に挙げた。

(9月6日19時51分)

スポーツ(9月6日)