国内外ニュース

悪質バス業者に罰金最高1億円 長野の転落事故受け百倍に

 国道から転落、横転したスキーバス=1月15日、長野県軽井沢町  国道から転落、横転したスキーバス=1月15日、長野県軽井沢町
 大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町のバス転落事故を受け、貸し切りバス事業者の安全対策を強化する道路運送法改正案が6日、分かった。安全確保を怠った悪質な業者への罰金を現行の「100万円以下」から100倍の「1億円以下」へ引き上げるのが柱。違反に関わった経営者や運行管理者ら個人への罰則も強化し、「100万円以下の罰金」から「懲役1年以下、150万円以下の罰金」とする。政府は与党との調整を経て、26日に召集する臨時国会に提出し、年内の一部実施を目指す。

 これまで無期限で有効だった事業許可に原則5年の更新制を導入し無事故・無違反の優良事業者は7年とする。



(9月6日22時35分)

社会(9月6日)