国内外ニュース

道路舗装3社に有罪判決 震災復旧談合、東京地裁

 東日本大震災で被災した高速道路の復旧工事を巡る談合事件で、独禁法違反(不正な取引制限)罪に問われた道路舗装会社3社に、東京地裁は7日、いずれも有罪判決を言い渡した。水上周裁判長は「談合の規模や社会的な影響は大きく、談合に参加した事業者の刑事責任は重い」と述べた。

 前田道路(東京)が罰金1億8千万円(求刑罰金2億円)、北川ヒューテック(金沢市)とガイアートT・K(東京)がともに罰金1億2千万円(同罰金1億5千万円)。それぞれの当時の営業担当者3人も執行猶予付き有罪判決を受けた。

(9月7日17時26分)

社会(9月7日)