国内外ニュース

自動運転普及へ作業部会 G7交通相会合の宣言案判明

 長野県軽井沢町で23~25日に開く先進7カ国(G7)交通相会合で採択する車の自動運転技術に関する共同宣言案が8日、判明した。自動運転車の早期実用化や普及のため「相互に協力し、リーダーシップを発揮する」とし、国際的に調和が取れた安全規制づくりに向け、作業部会を設置して検討する方針を盛り込んだ。

 自動運転を巡っては、世界の自動車メーカーやIT企業による激しい開発競争が繰り広げられている。先進国が政府レベルで協調して、メーカーが目指すべき安全の枠組みを明確にすることで、実用化を後押しする狙いだ。共同宣言とともに、24日午後に公表する予定。

(9月9日2時06分)

暮らし・話題(9月9日)